本屋の雑誌コーナーにある しあわせ

雑誌にはたくさんのノウハウが詰まっていて、こんなに便利なものはありません。そんな雑誌の特集記事で、特におもしろいと思った記事を紹介しています。

ダイエット市場は2兆円産業! 週刊ダイヤモンドが特集を組むのも納得

週刊ダイヤモンド 5月30日号の特集記事は『究極のダイエット 燃焼!知られざる2兆円市場』

f:id:ganziro:20150601092620j:plain

2兆円の市場規模といえば、街のベーカリーや美容室と同じくらい。
印象としては小さいようでも、よく考えると、美容室やパン屋さんなんて、街の至る所にあって、知らない間に暮らしの中に深く入り込んでいるジャンル。

確かに、ダイエットも今では暮らしの一部という方もいるでしょうが、それでも、その市場規模には驚きます。


4つからなるダイエット市場

f:id:ganziro:20150601092717j:plain

この記事では、ダイエット市場を4つの市場に分類しています。

■ 医療市場

保険適用外ではありますが、美容整形や痩身エステなど、確かに巨大市場ですね。
この記事では、医療市場の市場規模を1兆円と見積もっているのですが、ただし、この中には9,100億円と見積もった人間ドックを含んでいます。

■ サプリメント市場

ダイエットの代名詞ともいえるのがサプリメントの市場。
最近では、あらゆるジャンルの食品でトクホ(特定保健用食品を見かけるようになりましたが、それだけ大きな市場だということで、市場規模は6,200億円と見積もられています。

■ フィットネスジム市場

そして、サプリメントと双璧をなすフィットネスクラブの市場が続きます。
こちらの市場規模は4,200億円

CMが話題のライザップの料金を考えると、これくらいのお金が動いているのはうなづけますね。

■ 健康管理市場

4つに分類された最後の市場は、タニタでおなじみの体重計や、通販で誰もが買ってしまうという健康器具などの市場。
まさに、一家に一台という感じで、使われていない健康器具はどの家庭にもあるのではないでしょうか。


2週間限定 ライザップに潜入取材を敢行

この急成長しているダイエット市場が注目を集めたのは、間違いなくライザップ効果

そこで、記者が2週間の体験入会をして、このライザップの秘密に迫るというのが、この特集の一番の目玉。

潜入記者の奮闘記は、実際の週刊ダイヤモンドで読んでもらうとして、この記事が経済雑誌で特集された結論としては、やはりそのコンセプトが突き詰められているという点にあることがわかります。

普通のフィットネスジムやスポーツクラブが、あくまでも運動をすることの爽快感や充実感などの心理的な面を重視しているのに対して、ライザップは『痩せる』という点を、圧倒的といってもいいほどに強調しています。

そして、そのためのプログラムを長くても2か月というスパンで実施するという点が最大のポイントで、「結果にコミットする」というCMのキャッチコピーが、そのすべてを物語っています。

だから、無理に駅前の一等地にジムを借りなくてもいいし、器具の充実度でいっても、実は大手のフィットネスジムと比べると、それほど費用をかけなくてもいいという、経営という面からの利点があるとか。

また、効果に対して多くの疑念がネットに書かれていたりしますが、ここにも経済的な要素のトリックが隠れているそうで、簡単なことなのですが、顧客自体があれだけの高い料金を払ってまで通う人達ですから、本人たちが頑張らないわけがない

つまり、ライザップ側から見れば、費用をかけずにジムを運営できて、顧客自身が頑張ってくれるので、その宣伝効果も絶大だとう、まさに、今までのフィットネスジムとは180度違った理念で運営されているビジネスモデルがライザップなのだそうです。

ただし、運営のトリックがわかってしまった現在、同じようなコンセプトのジムが林立するようになり、早くも過当競争の予想を呈しているようで、潜入記事の後半では、ライザップタイプのプライベートジムを紹介しています。

怪しくても、ついやってしまうのがダイエット

この特集の後半は、今までのダイエットの本流ともいえる、怪しいダイエットの特集。

効果が明確に立証されているわけではないのに、なぜかつい手を出してしまうのがダイエット。

この部分を解説しているのですが、ディープな要素が増えてくるのもこの分野で、簡単には紹介記事に要約できないので、ぜひご自身で紙面を確認してみてください。

思ったほどにお金の話が出てこなかったダイエット特集

経済誌だからといって、特集記事がお金の話ばかりだと思っている方、いませんか。

経済誌の特集でも、意外と世相を分析していたり、あまり一般に知られていないジャンルの場合は、ノウハウなんかを解説してくれているのが経済誌の特集。

このタイプの雑誌は、週刊誌でありながら、発売の翌週も返本されずに書店に並んでいることも多いので、気になった特集があったらメモしておくことをお勧めします。